「くる病」増加と食育 5月4日

2014年05月04日

image.jpg
お疲れ様です!
青葉若葉が目にしみる、すがすがしい季節の「みどりの日」は風が強いようですが…天気は良いですね*\(^o^)/*
皆さんにとって良い休日になるように心より願います。
時事ニュースにて、栄養不足の時代に多かった乳幼児の「くる病」が最近、増えていると掲載されてました!
紫外線対策の普及や母乳栄養の推進などが複合的に関係しているようですが、専門医からは「くる病は母乳で育っている子どもに多く、特に注意してほしい」と呼びかけおります。
そして、「くる病」はビタミンDが極端に不足することで血中のカルシウム濃度が下がる事で骨の変形や成長障害などを引き起こし…歩き始める1歳以降、足に負荷がかかってO脚になりやすいそうです。
先日、食育の大切さをお世話になっているお医者様より、お話しをさせて頂きました…食に関しては大切豊富な時代ですが「食育」の大切さについて、これからも調査して行きたいですね。
早坂あつし
06:32